HOME > [前編]【VR AV】VR長尺 母娘W中出し輪姦VR【冥府魔道でイク!鬼畜的母娘〈おやこ〉丼をいただく輪姦体験!】

[前編]【VR AV】VR長尺 母娘W中出し輪姦VR【冥府魔道でイク!鬼畜的母娘〈おやこ〉丼をいただく輪姦体験!】

VRAVで母娘丼体験

作品パッケージ

【VR】VR長尺 母娘W中出し輪姦VR

この動画をDMMで購入する

さて。

冥府魔道を驀進する――要するに畜生道を疾走しつつ濃ゆ~いスペルマをブチまける!そんな体験をあますところなく楽しめちゃう神をも恐れぬVR専用AV。

きょう、紹介するのはソレです。

タイトルを見れば一目瞭然!HHH-VRさんの『VR長尺 母娘W中出し輪姦VR』!

人間、これでいいのか?頭の片隅でそう思いつつも、快楽には勝てぬ!

というわけで僕と、仮面をつけた(不)ユカイな仲間たち――合わせて4人で拉致って来たJKひとり。

つれこまれた母娘

そして母親もおびき寄せて――ナンダナンダ、ふたりしてけしからんカラダをしているじゃねえか。

親父と兄弟だけにこのズリネタをヤラしとくのはもったいねぇ話だ、とゴーグルをつけて鼻息荒く僕も何だか言葉尻が下品になって、、、

尻をひん剥かれた母娘

「イヤァアアア// やめてくださいっ……」

むっちりとした淫尻――娘は娘なりに青くさくピチピチとした爽やかな白尻。そして母親は娘より多くクソをし、バックで突かれながら多く揉まれた甲斐あってかまろやかに匂やかに仕上がっています。

これを、今から非情にもいただくのです。

母娘クチュクチュ

ぺろんっクチュクチュ…♡「あ……イヤだめっ//娘のだけは……やめてっ」

――けなげなるは母の心かな。

というわけで僕ら4人とむちむちボディの母親との間で合意が成立(ま、かなりランボーなもんだけど)。

あきらめた母
「あっ…待って自分でしますから//」
あきらめた母の下半身

時間を稼ぐようにゆっくりと……でもその手つきが逆にソソるじゃねーか。

いいぜ、ゆっくりやんなよ。どっちにしろコッチにはたっぷり時間があるんだ。焦らされた分、ヤル気も高まるってもんだっ。

――というわけで半ば脱がせたムチ母のカラダをぞんぶんに(性的に)なぶったあとで、今度は。。。

そう!僕らはもちろん、


作品パッケージ

【VR】VR長尺 母娘W中出し輪姦VR

この動画をDMMで購入する

冥府魔道をゆく畜生4人衆なので。

娘もやる

「い……いやっ」

「オラ……お母さんもうあんなふうになっちゃってんだからサ。こいつにもヤッてやってよ」

というわけで、JKのけがれなき口腔に――その初物フェラを、僕の汚チ●ポにブチ込ませてくれた仲間たち、マジおまえら一生の友達だぜ。

娘の強制フェラ

グポグポ「んぐっ……んひーっ//」ガポガポ…ッ

「ああ待って……っ、その子はだめっ…て言ったのに……あんっ♡」

「オラオラ、見てみろよお母さん――メスの顔になっちゃってるヨ。オチ●ポ美味しいんだとサ!」

ふりかえる娘
「あぁおかあさ……ああっ♡」
娘の美巨乳

――と、そういうわけで娘のほうにもガッツリぶちこみ、

ガッツリ突きまくり。。。

貫かれた娘

「んんーっ、ごめんねっ、ごめんね//」

お母さんはもう自ら腰を振っちゃって淫辱の快楽に溺れきって彼岸の人になっちゃってます――そう、もう彼女は冥府魔道のメス犬。僕らのチ●ポがなければどうしようもない淫らなカラダに仕上がってしまったのです。

徹底的に。致命的に!

そして、――タイトルに偽りなし!

「ああヤベェもう出そう……っ」

VRAVで母娘丼体験

「おかあさん……出されちゃうっ//」

「やめて……やめてくださいぃぃぃぃ」

母娘中出し

白濁液にまみれた母娘が一組、こうして――僕らの鬼畜チ●ポに堕ちてゆくのでした。

で、この作品――『VR長尺 母娘W中出し輪姦VR』

実はこれでオシマイではありませんで。

なんとあと一組、冥府魔道をゆく僕らのチ●ポに堕ちる運命のかなしき母娘がいるのでした。彼女たちがどういう顛末をたどるのかは、また明日語ることにいたしましょう……フヘヘっ。


作品パッケージ

【VR】VR長尺 母娘W中出し輪姦VR

この動画をDMMで購入する