HOME > 武田玲奈主演の“泣けるVR実写映画”が5月、VR THEATERに登場!

武田玲奈主演の“泣けるVR実写映画”が5月、VR THEATERに登場!

交際記念日ヴァーチャル・リアリティのテクノロジーが本格始動して、100年後の歴史書でも「VR元年」として記録されるであろう2016年以降、このテクノロジーを活用したさまざまな“VR映画”が生まれてきた。

イエス・キリストの生涯を臨場感たっぷりに描く『Jesus VR』、父と娘の日々を感動的に描いて第88回アカデミー賞の短編アニメーション部門にノミネートされた『Pearl』など、ここでもいくつか紹介してきた。

パール
そういえば、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥとエマニュエル・ルベツキの黄金コンビが挑戦するVR映画、というのもあった……(制作は進んでいるんだろうか)。

映画業界ではさまざまな映画作家、俳優たちがこのテクノロジーに興味を持ち、あるいは自らの作品に取り入れる意欲を見せた。そして今も世界各国で、“VR映画”への挑戦は続いている――日本でも。

今回は、5月に公開予定の日本のVR映画について紹介したい。
全国のネットカフェなどで展開中のサービス「VR THEATER」にて、5月1日に公開予定の『交際記念日』だ。

武田玲奈
“泣けるVR実写映画”として制作されたこの作品には、現在大注目のグラビアアイドルでありモデルであり女優でもある武田玲奈ちゃんが主演している。

舞台は高校、卒業間近の時期……。
共演は2015年に『仮面ライダーゴースト』でタイトルロールを演じた西銘駿くん――端正で優しげなマスクが印象的なザ・好青年だ。

お察しの通り、いわゆる「切ない恋愛映画」になる予定、とのことである。
きゅんとして泣ける。しかも、まるで切ない恋愛が進行するその現場に居合わせるかのような、VRの世界で――。

玲奈ちゃん「高校生に戻りましょう!」

頬杖をつく玲奈ちゃん
VR映画『交際記念日』のストーリーについては詳しく明かされていないけれど、上に書いたように「武田玲奈ちゃん」「高校卒業間近」「西銘駿くん」といった要素がそろっているということで、キュンとする恋愛映画になることは間違いない。

作品の世界観、空気感についても、玲奈ちゃんがとあるインタビューに答えているのを読むと、察しがつく。
いわく、多くの場面で、まるで武田玲奈ちゃんの隣で過ごしているかのような感覚を味わえる出来になっているという。
少年、少女の恋の切ない恋のまっただ中に身を置いて、ときには玲奈ちゃんと顔を合わせたり、彼女と一緒にいろんな出来事に直面したり……。

キラキラ
玲奈ちゃんはインタビュー中、何度か「キラキラしたシチュエーション」というフレーズを口にしている。
制服姿の武田玲奈ちゃんのそばで過ごす、恋と青春のキラキラした瞬間――それを経験できるVR映画になる、ということなんだろう。

何となく、もうすでに、泣きそうな感じしない?

5月から「VR THEATER」で公開予定

すでに紹介したように、『交際記念日』は全国のネットカフェ、カラオケボックスその他140以上の施設で展開中の「VR THEATER」にて、5月から公開予定だ。

ネカフェ
「VR THEATER」では、これまでにも大人気マンガ&アニメ『進撃の巨人』をモチーフにしたVR作品や、衝撃のホラー作品『天獄 処理工場』などを公開してきた。

そこに今回、この作品も加わる感じである。
ついこの間まで高校生だった人、そして僕も含めて、ずっと前に高校生だった人――
たぶん、みんなにオススメの作品である。